ブルガリアンスクワットはキツイ

スクワットをする女性 筋トレつぶやき

筋トレ日記は最近サボりがちですが、日々の筋トレでのちょっとした気付きや何てことはない話題はこのカテゴリでちょこちょこと記事にしようかなぁと思います。

さて、下半身筋トレの王道はバーベルによるバックスクワットだと思いますが、自宅筋トレではこのバックスクワットをおこなう環境を揃えるのが大変です。そこで、代替メニューとしてダンベルを使ったブルガリアンスクワットを採用する筋トレーニーも多いかと思います。

私も、自宅筋トレへの移行を進める中で、下半身の筋トレはブルガリアンスクワットをメインに組み始めました。
しかし、ブルガリアンスクワットってやってみるとキツイもんですね。。。
私は、バーベルバックスクワットでは120kgでセットを組むし、レッグプレスでは250kgまでできるのですが、ブルガリアンスクワットでは22.5kgのダンベルを両手に持って8レップスもやると太腿が悲鳴を上げます。これを3セットもやると太腿がパンパンになるのを感じます。
まだ3回くらいしかやっていないのでフォームが安定していないのもあると思われますが、とにかくキツイ。。。

ネットでブルガリアンスクワットを検索すると、40kgのダンベルを両手に持って10レップスでやっているという人が出てきますが、一般人ならかなりすごいなと思いました。

私も、もう少しフォームが安定してくれば、重量を上げることができると思いますが、片手40kgはかなりキツそうです。
びっくりするくらいキツイので、ブルガリアンスクワットをまだ試したことがない方は是非いちど試してみてください。