ダンベル

ダンベル 筋トレ 自宅

1.ダンベルとは

鉄亜鈴(てつあれい)又はダンベル (英: dumbbell) とは筋肉を鍛練するために用いられる、棒の両端に鋳鉄製の重しが付いた体操器具である。鉄唖鈴、鉄アレイとも書く。wikipediaより

ということで、ダンベルと言えば、もう皆さんにおなじみの筋トレグッズになると思います。マッチョが使う筋トレグッズとして一番初めに思い浮かべる道具ではないでしょうか。

ダンベルはバーベルや筋トレマシンに比べて場所を取らないため、自宅筋トレの王道アイテムとしても知られています。また、対応できるワークアウトも多く、ダンベルがあれば全身を鍛えることができますのでまさに一家に一台という万能さです。
自宅筋トレをしようと思っている方の多くが、まずはダンベルを購入するのではないでしょうか。

2.ダンベルのメーカー

ダンベルを作っている会社は山ほどありますが、ネット通販や、フィットネス雑誌の通販などで入手しやすいのは以下のメーカーではないでしょうか。

・IROTEC
・リーディングエッジ
・IVANKO
・ALINCO
・FIGHINGROAD
・ボディーメーカー

IVANKOは品質の良さと飽きの来ないデザインから人気が高いです。その分、値段も高いのですが、トレーニーとしては自宅にワンセットは欲しいと思える一品です。

私もいつかはIVANKOのダンベルを買いたいなぁと思ったりします。

3.ダンベルの種類

ダンベルにはいくつか種類があります。ショッピングサイトなどでダンベルを検索するとたくさん種類が出てくると思いますが、大まかな分類についてまとめてみたいと思います。

● 本体
・プレート着脱式 可変ダンベル
重りとなるプレートをシャフトから着脱することでダンベルの重さを変えることができるダンベルです。
↓こういうタイプ

【5日はポイントアップDAY】IROTEC(アイロテック)ラバーダンベル 60KG セット/ダンベル 筋トレ ベンチプレス トレーニングマシン 鉄アレイ トレーニング器具 ダイエット器具 バーベル 健康器具 筋トレグッズ 筋トレ器具 60kg 30kg×2個


ただ、ウェイトプレートの取り外しが若干手間になります。(とめ具をくるくる回す必要があるため)

・パワーブロックタイプ
重さの調整をダイヤルで行うことができるダンベルです。プレート着脱式に比べ、重さの調整をスムーズに行うことができます。
↓こういうタイプ

可変ダンベルと違い、ウェイトの着脱がダイヤルなどでスムーズに行えます。

・固定ダンベル
重さを変えることができないダンベルです。
↓こういうタイプ

クーポンで最大1200円OFF★【送料無料】ダンベル5.0kg 2個セットエクササイズフィットネスダイエットストレッチ鉄アレイダンベルセットトレーニングシェイプアップダイエット ダンベル 5kg ダイエット器具 女性 男性 安全 5キロ

● オプション
・ジョイントシャフト
2本のダンベルのシャフトをつなげて、一本の長いシャフトにすることができるジョイントです。ダンベルのシャフトを短めのバーベルとしても使えるようになるため、自宅筋トレのメニューの幅が広がります。

【1年保証】ダンベル 用 シャフト ジョイントシャフト 連結 ダンベル連結 追加 スポーツ バーベルトレーニング 筋トレ 筋力UP 自宅 トレーニング[送料無料][レビュー特典]

固定ダンベルは価格が安く、コンパクトですので簡単なフィットネスが目的の人に適しています。ある程度本格的なワークアウトをやりたい人は、可変ダンベルを購入する事をお勧めします。
もう筋トレが習慣化しているという人は、より使用感が快適なダイヤル式の可変ダンベルを揃えても良いと思います。

4.ダンベルで出来るワークアウト

ダンベルで鍛えることが出来る部位ごとに種目を書き出します。

・上腕、前腕
リストカール
ダンベルカール
ダンベルコンセントレーションカール
ダンベルハンマーカール
ダンベルトライセプスエクステンション
ダンベルトライセプスキックバック
・肩
ダンベルショルダープレス
フロントレイズ
サイドレイズ
リアレイズ
アーノルドダンベルプレス
・背中
ワンハンドロウ
ダンベルロウ
ダンベルハーフデッドリフト
ダンベルシュラッグ
・胸
ダンベルベンチプレス
ダンベルフライ
・下半身
ダンベルスクワット
ダンベルカーフレイズ

5.得られる効果

ダンベルは、重量が片手最大で40kgほどとなります。
ただこの重量はパワーブロックを使った場合であって、普通の可変ダンベルだと片手30kgが良い所だと思います。

ダンベルのよいところは、初心者から上級者まで、どのレベルのトレーニーの筋トレにも活用できるところです。

ですので、筋トレ初心者のときに買うとしても、軽い重量のダンベルで揃えたりせずに、将来を見越して重めの重量でダンベルセットを買ったほうが良いといえます
男性だと片手30kgのセット(計60kg)、もしくはマッチョを目指すようであれば片手40kg(計80kg)のパワーブロックが良いと思います。
女性の場合は、男性ほど筋肥大や筋力増加を目指さないでしょうから、ボディメイクやダイエットに使えて、怪我のリスクが少ない軽めの重量でそろえるのがお勧めです。女性の場合はだいたい片手10kgが目安となるでしょう。

6.ダンベルの選び方

● 男性編

・自宅でガッツリ筋トレ コスパ重視派
IROTECなどメーカーが販売している可変ダンベルがお勧めです。20kgのセットだと直ぐに物足りなくなりますので、少なくとも30kgのセットを揃える事をお勧めします。IROTECはダンベルだけでなくバーベルなども販売していますので、自宅筋トレの幅を広げたくなったときにウェイトプレートの流用ができるなど、後々便利です。

【5日はポイントアップDAY】IROTEC(アイロテック)ラバーダンベル 40kgセット/ダンベル バーベル ベンチプレス 筋トレ トレーニングマシン トレーニング器具 健康器具 鉄アレイ ダイエット器具 インクラインベンチ 20kg 2個 ダンベル20Kg

【5日はポイントアップDAY】IROTEC(アイロテック)ラバーダンベル 60KG セット/ダンベル 筋トレ ベンチプレス トレーニングマシン 鉄アレイ トレーニング器具 ダイエット器具 バーベル 健康器具 筋トレグッズ 筋トレ器具 60kg 30kg×2個

・自宅でガッツリ筋トレ 良い物を長く使いたい派
ゴールドジムなどでも取り扱いのある、パワーブロックタイプの40kgのセットをお勧めします。可変ダンベルに比べて高価ですが、筋トレのたびに触るものですので機能的に優れているものを選んでもよいでしょう。

可変式 ダンベル 40kg 2個セット アジャスタブルダンベル 17段階調整 5~40kg 5kg 10kg 20kg トレーニング 筋トレ グッズ セット トレーニング器具 エクササイズ ダイエット フィットネス コンパクト ワンタッチ調整 負荷調整

● 女性編

・二の腕の引き締めなど軽い運動で満足派
二の腕の引き締めのような軽い運動を習慣的にこなすためのウェイトとして使うだけであれば、2kg~5kg程度の固定ダンベル、もしくは10kgまでの可変ダンベルで十分です。重い重量のダンベルを買っても、使うことなく邪魔になるだけですので、パッと取り出してサッと使えるタイプのものがお勧めです。

【送料無料】【11/1限定P11倍&クーポン配布】【一部予約】ダンベル 5kg 2個セット カラーダンベル 鉄アレイ ダンベル コンパクト おしゃれ かわいい 鉄アレイ カラフルダンベル エクササイズ フィットネス シェイプアップ ダイエット スポーツ 筋トレ 筋力アップ

リーディングエッジ LEADINGEDGE アーミーダンベル 10kg×2個セット 2018新型 レッド ダンベルセット LE-AD210 /LEDB-10R*2

・ヒップアップやバストアップを実現したい派
ヒップアップやバストアップを目指すのであれば、ある程度の重量のダンベルがあったほうが筋トレの効果を実感するまでの時間を短縮できるでしょう。

それでも男性ほどの高重量のダンベルは不要で、重くても片手20kgのセットで十分だと思います。私の感覚だと、片手10kgでも女性にはなかなかキツイと思いますので、迷っている場合はまずは片手10kgの可変ダンベルのセットを揃えてみてはいかがでしょうか
ダンベルを使って、ダンベルスクワットやワイドスタンスのスクワット、ダンベルベンチプレス、ダンベルフライを行うとヒップアップやバストアップに効果的かと思います。

リーディングエッジ LEADINGEDGE アーミーダンベル 10kg×2個セット 2018新型 レッド ダンベルセット LE-AD210 /LEDB-10R*2

【1年保証】ダンベル 20kg 2個セット【ダンベルセット 計 40kg 20kg 2個】ダンベル ローレット加工 グリップ 滑りにくい 重さ 調節可能 筋トレ トレーニング シェイプアップ 鉄アレイ 2kg 5kg 7.5kg 10kg 15kg 17.5kg 20kg set FIELDOOR[送料無料]

7.ダンベルまとめ

ダンベルはコスパがよく、筋トレで得られる効果も高いです。
自宅筋トレには欠かせないアイテムですので、これから筋トレを習慣にしようと考えている人には必須となるかと思います。

私はダンベルについてよく考えずに買ってしまったので、最初は5kgの固定ダンベルを買い、直ぐに物足りなくなり、次に10kgの可変ダンベル、その次に20kgの可変ダンベルのセットという感じでだいぶ無駄な買い物をしてしまいました(^_^;)

今だったら、30kgの可変ダンベルか、パワーブロックを最初に買っているでしょうね。

私のような無駄な買い物をしてしまう人が少しでも減れば幸いです。