スパルタンレースを目標に筋トレしよう!

障害物競走 筋トレ

さて、今回はスパルタンレースについて書いてみたいと思います。

幾度かメディアでも取り上げられているのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

スパルタンレースとは?

スパルタンレースは39か国で165回を超えるレースが開催されている世界最大規模の参加型障害物レースです。普通のレースとは違い、困難ではありますが楽しい障害物の数々を乗り越えていくものです。

http://www.spartanrace.jp/ja より

Youtubeよりレースの様子です。

2018/9/8 SPARTAN RACE presented by Reebok -Minakami Super/Sprint/Kids-

ということで、体力自慢、筋力自慢、持久力自慢の力試しにはもってこいの大会なのです!

筋トレをする以前の私だったら、これを見てもなんとも思わなかったかもしれませんが、今はちょっとマインドが違います。
せっかく鍛えているのだから、このスパルタンレースに出場してひとつ自分を試してみたいなぁと思っています。
自分の身ひとつで障害物に挑戦するっていうのが良いですよね。

さて、スパルタンレースですが参加者のレベルに応じてコースが選べます。

1.Spartan Sprint
初挑戦者からベテラン参加者まで全ての人に適したコース。コースの距離が短い。
参考距離→5km以上 障害物→20程度
2.Spartan Super
普段から筋トレをしているようなアスリート向けのコース。Spartan Sprintよりも厳しいコースとなっている。
参考距離→10km以上 障害物→25程度
3.Spartan Beast
3つのコースの中で一番過酷。筋力、持久力、勇気、精神力が試される。自分の限界を超えなければ完走できない。
参考距離→20km以上 障害物→30程度

私が狙っているのはSpartan Superか、Spartan Beastですが、今の実力では到底完走できそうにありません。(^_^;)

なんせ長距離を走ったことがありませんからね。

今年は見送りなのですが、来年はぜひチャレンジしたいと思っています。
それまでに以下の観点で自分の肉体強化をはかっていこうと思っています。

・とにかく握力
障害物を見ると、「うんてい」のように握力が必要な障害が多いように見受けられました。筋トレであれば握力を補助するようなパワーグリップやリストストラップが使えるのですがスパルタンレースではそうは行きません。握力が尽きるとかなりキツイ展開になるだろうなぁと予想しています。ですので、グリッパーなどを使って握力の強化に取り組みたいと思っています。
・持久力
私は運動部に入っていたことがないので長距離を走ったことがありません。せいぜい学校のマラソン大会で10kmを走った程度です。Spartan Sprintであれば何とかできるかもしれませんが、Spartan Beastになると自分の限界にチャレンジになりますね。普段の筋トレに持久力と心肺機能を向上させるようなメソッドを組み込みたいと考えています。
・ダイエット
まだ体脂肪が多いので、徐々に絞って動ける身体にしたいと思っています。この手のレースになると脂肪はオモリになるだけですので身軽に越したことはないですね。

SuperやBeastのレースがいつどこで開催されるのか分かりませんが、身体の準備をしていこうと思います。

さて、今年の12月にもSprintのレースがあるそうです。

日程:2018年12月15日(土)
場所:楽天生命パーク宮城
チケット:SPRINT ELITE MEN  19,000yen
SPRINT ELITE WOMEN 19,000yen
SPRINT AGE      17,000yen
SPRINT OPEN      15,000yen
KIDS           5,000yen
SPECTATOR       3,000yen
ELITEは賞金付きのレースです。観客として入るのにも3000円かかりますね。

スパルタンレースは筋トレの延長にあるひとつの目標として最適だと考えています。

筋トレに励んでいる皆さん。いかがですか?
普段鍛えている筋力を試してみませんか?(^_^)

それでは。