【筋トレ 日記】 ワークアウトの振り返り 2018/12/09~12/15

ジムの光景 筋トレ 日記


筋トレ日記を付けたいと思います。

先週は、日ごとに設定したワークアウトメニューをその日その日に丁寧にこなすことができました。
計画通りのメニューをしっかりこなせるというのはとても重要なことだと考えています。
その点で言うと、先週はバッチリでした。計画通りに進むと気分も良いですね。
あまり計画に固執するのもよくありませんが、まぁ無理のないように今週も引き続き頑張りたいところです。

さて、12/09から12/15の間の筋トレについてです。

ワークアウトの振り返り

前回の筋トレ日記では成長が停滞していることについて記載しました。
この打開策として先週の注意点を以下のようにあげていました。

  1. フォームの見直し
  2. ポジティブ動作とネガティブ動作のスピード
  3. 稼動域を大きくする

上記注意点の実施度合いについて振り返ってみたいと思います。

まず「1.フォームの見直し」についてです。

ワークアウトに入る前に、ウェイトを付けない状態で何度もフォームを確認する事を徹底しました。
ウェイトが重過ぎるとフォームが崩れる癖がありますので少しウェイトを落として、しっかりとフォームを維持しました。これは今週も引き続き実践したいところです。

次に「2.ポジティブ動作とネガティブ動作のスピード」についてです。

こちらは残念ですが、ウェイトを上げ下げしている時に別のことに意識がいってしまって上手く実践できませんでした。思い返しても4種目もできていなかったと思います。これは今週の課題にしたいと思います。

最後に「3.稼動域を大きくする」についてです。

これはしっかりと実践することが出来ました。稼動域を大きくするために例えばベンチプレスではしっかりと胸までバーを下げ、引く動作ではしっかりと稼動域一杯まで引ききるということで、筋肉にストレッチを利かせて刺激を入れることができました。
このおかげか、特に大胸筋の筋肉の疲れ具合がいつもよりも深く、筋肉に利かせた感じが残っています。
筋肥大に必要な筋肉への刺激をしっかりと入れられたと感じています。
やはりワークアウト時のストレッチの徹底は重点課題としては適切だったようです。
これは今週もしっかりと意識して実践していきたいところです。

まとめ

今週の筋トレの注意点は、先週から引き続き以下にします。

  1. フォームの見直し
  2. ポジティブ動作とネガティブ動作のスピード
  3. 稼動域を大きくする

一度のワークアウトで注意点をいくつも設定しすぎると、どうも注意力が散漫になってしまうので気をつけなければいけません。
できる事をひとつひとつ着実に積み上げていくことが大切ですね。

それでは皆さん、今週も良い筋トレを!