筋トレ日記(2018/11/03)ケーブルクロスオーバーで大胸筋を刺激

ベンチプレスをする男性 筋トレ 日記

2018/11/03の筋トレ日記をつけたいと思います。


2018/11/03(土)
胸の日

・バーベルベンチプレス
80kg   6reps
75kg   8reps + 4reps
70kg   5reps
60kg   12reps

・デクラインダンベルベンチプレス
22kg   13reps + 11reps + 12reps + 11reps

・インクライン チェストプレスマシン
60kg   10reps + 6reps
55kg   5reps
50kg   8reps
45kg   9reps

・ケーブルクロスオーバー
中域
16.25kg  11reps + 9reps + 6reps
13.75kg  8reps
下側
16.25kg  5reps + 6reps
13.75kg  8reps + 9reps

・インクライン ケーブルクロスオーバー
11.25kg  5reps + 4reps
8.75kg   6reps + 5reps
6.25kg   7reps

・有酸素(バイク)
14分


11月3日は胸の日です。
上腕三頭筋の筋力が戻ってきたこともあり、ベンチプレスの重量も順調に戻してきています。やはり身体の調子が良いと、ワークアウトも気持ちよく出来て変なストレスも感じなくて良いですね。
私も40歳になり、来年早々には41歳になりますのでやはり怪我には神経質になります。
中年を超えると、筋肥大の効果を焦るあまり「このくらいの無理は大丈夫だろう」とか思ってしまうんですよね。でも、きちんと自分の体調や筋肉や関節の回復具合を見計らって筋トレをし、怪我のリスクを極力下げることがとても大切なんだと思います。
怪我をするとよく分かるんですよね。筋を痛めただけで、1ヶ月を棒に振ってしまうんです。
なので、筋肉や筋、関節に違和感を覚えたときは、躊躇せずに休み、回復させると同時に何が悪かったのかをよく振り返ることが重要だと思います。

さて、最近は大胸筋の厚みよりも幅の広がりが欲しくてケーブルクロスオーバーに力を入れ始めています。
ケーブルを使ったトレーニングは、ダンベルに比べて負荷が逃げにくいという利点があります。なので、比較的軽い重量でもけっこうキツかったりします。
重量を追うときはダンベル、より筋肉に効かせたいときはケーブル。というように使い分けると筋トレのマンネリを防げてよいかもしれません。

それでは今日はこの辺で。